平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

【2021年12月第1週】スイングトレード日記

time 2021/12/04

【2021年12月第1週】スイングトレード日記

2021年11/29週のスイングトレードの記録です。

ミネルヴィニ先生の「株式トレード 基本と原則」を読みつつ、実際にトレードをしながら「スイングトレードルールVer3.0」を作り上げていきたいと思います。

※過去の日記は[スイングトレード日記]カテゴリーで確認できます。

※スイングトレードルールVer3.0のドラフト版です↓

sponsored link

SPXLスイング

まずはスイングトレードのメイン、S&P500に連動するSPXLのトレード状況からです。

今週のS&P500は前週末比で約1.2%の下落。選手に引き続き続落です。

現在は9月の直近高値と上向きの50日移動平均線という2つの節目で激しく攻防している状況です。

もちろんトレードは無し。何度か5日移動平均線の上に株価が推移するときがありましたが、なんとか買わずにすみました。

下記は1時間足のチャートですが、キレイに頭を押さえつけらえれています。

日足で見てもキレイに5日移動平均線沿って推移しており、巨大な力によって機械的に株価が下げられているのかなとつい考えてしまいます笑。

ただ、今回は下落は結構勢いがあると思っていて、であればV字反転の可能性もあるのかなとも思っています。セリクラのサインが出たら勇気を出して買ってみるのもありかなと思っています。

 

短期スイング

1週間前時点での保有銘柄はありませんでした。

そして、今週も引き続き保有銘柄は無しです。

 

今後の方針

気になっている点は金利安なのにグロース株安という点です。

長期金利の週足チャートを見てみると、金曜日の下落で三角保ち合いを下抜けした可能性があることが分かります。

一方金利安の恩恵を受けやすい、債券のように動くナスダックですがこちらも下落。ハイパーグロース株なんかは悲惨な状況です。

一般的に金利と株はシーソーの関係にあり、金利が安ければ高PERなグロース株のバリュエーションは安くなり買われやすくなると言われていますが、いまは一斉に売られている。

この動きが年末の損切り利確祭り等の特殊需給によるものなのかは分かりませんが、少なくとも言えることは、この金利水準でグロースがこの位置ならグロース買えないじゃん!ということです。

だって、オミクロン株の感染拡大で金利下げているんですよね?

オミクロン株が大したことないことがバレてしまったら金利はすぐ上昇すると思われます。そしたらグロースはここから更に掘ってしまうのでしょうか?

つまり、バリューのターンが来る??

ダウはナスダックやS&P500より先に下落を開始していました。すでに200日移動平均線まで到達してしまっている、RSIも売られすぎ、MACDもDCして十分休養を取ったとなると、ダウの時代が先に来る可能性はあるのではと思ってしまいます。

 

まあ、予測でトレードするわけではないので。観察するしかありません。タイミングを逃さないために。

 

来週も引き続き下記を意識して鍛錬していましょう!

私のパフォーマンスが平凡なものから目覚ましいものに変わったのは、自分に次のことを言い聞かせてからだ。お金の心配や得点を気に病むのはやめた。これからは、できる限り最高のトレーダーになってルールに従うことだけに集中するのだ、と。すると、自然にお金はあとからついてくるようになった。

株式トレード 基本と原則 (マーク・ミネルヴィニ) P.132

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link