平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

【2021年8月第3週】スイングトレード日記

time 2021/08/22

【2021年8月第3週】スイングトレード日記

2021年8/16~8/20のスイングトレードの記録です。

ミネルヴィニ先生の「株式トレード 基本と原則」を読みつつ、実際にトレードをしながら「スイングトレードルールVer3.0」を作り上げていきたいと思います。

※過去の日記は[スイングトレード日記]カテゴリーで確認できます。

※スイングトレードルールVer3.0のドラフト版です↓

sponsored link

S&P500スイング

まずはスイングトレードのメイン、S&P500に連動するSPXLとVOOのトレード状況からです。

今週のS&P500はようやく5日線を割って調整らしい下落をしてくれました。理由はFRBがテーパリングを前倒で開始し、景気を冷やすのではという警戒からとのことです。

これ以上の理由は分かりません。こ最近の私はサッカー漫画アオアシに夢中でチャートしか見ていませんでしたので買ってよいチャートかどうか、ただそれだけを見ていました。

アオアシ、最高の漫画ですね。サッカー現役のときにyoutubeとこの漫画があればもっとサッカーが上手くなっていたなと思います。悔しい。

・・・さて、今週のトレードですが、木曜日の陽線と金曜日の寄り付き後の強さを確認してSPXLにエントリーしました。

来週末にジャクソンホールがあるので、ポジションは今回もいつもの半分です。

<S&P500 日足 トレードタイミング>

<S&P500先物 15分足 トレードタイミング>

<現在のポジション>

※金曜日に買ったため、国内営業日を迎えていないことから評価損益はマイナス5%前後で表示されています。

※今回はVOOは買いませんでした。最近SPXLに魅了されてしまっていることもあって、VOOのトレード資金をSPXLに振り分けることを検討しているためです。

 

さて、今回のエントリーポイントですが、過去2回に近しい形をしていました。日足ではV字反転の様相に見えますが15分足で見るとしっかりダブルボトムを形成していること。2回目の谷が1回目の谷より高いときもあれば安い時もありますが。

なんかもう指数におかれましては日足でダブルボトムを見る機会がなくなってきましたよね。アルゴリズム取引の普及によって、下落からの急騰のインタバールがだいぶ短縮されてしまっているのでしょうか。

15分足でトレードする場合、日足ではまだ株価が下向き5日線を越えれていない状態でエントリーにすることになるので少し怖さがあります。

ただ、S&P500に限っていれば、15分足で見た方が底近辺で買うことが今のところできているので、これは続けていきたいです。

 

問題は売り方。おそらく下落に転じるときにもそれなりのパターンがあるのかもしれません。

今回でふと思ったのは上昇中はみんな同じ方向を向いているのでヒゲを形成するローソク足が少なく(もしくはヒゲがあったとしても短い)、上昇一服後の揉み合い時に上ヒゲや下ヒゲを作るケースが多いのかなと。

今回は酒田五法の天井圏のサインである首吊り線が下落直前に現れました。

なぜヒゲが作られるのか、需給のすべてがここに詰まっていると思うので、ここを読み解いて需給を把握できるようになればトレードを降りるタイミングも分かるようになってくるのではと思い始めました。

個別株スイング

先週末時点の保有銘柄はありませんでした。

現時点のTECLのみです。金曜日に買ったので評価損益は手数料分でマイナスです。もう慣れました。

<現在のポジション>

いやいや、TECLって個別株じゃないじゃん。

そうなんです、分かっています。手を出した理由は下記のような感じです。

  • マイクロソフトがブレイクして最高値を取ったが、他にあまりブレイクしている銘柄が少ないため手を出しにくい
  • アップルやエヌビディアはブレイク直前
  • ただし個別は今の時期手を出しにくい
    • 個別は反転直後を狙うよりブレイクで狙いたい、でも今の相場は天井掴みになる可能性が高いのではと感じている
  • であればETFでいいじゃん

まあ、半分ノリですね。

TECL

まだ、明確に上にブレイクしたとは言えませんが、二枚看板の一角がブレイクしたので、おそらく強いのでは?

 

 

今後の方針

来週は米経済シンポジウム、ジャクソンホールが開催されます。

市場の予想ではそこでパウエルさんはまだテーパリング開始は発表しないのではと言われています。

だがもし発表されたら、、、

今年の夏はテーパリング懸念で上値が重くなることは分かっていたので、この時期のスイングトレードは大きく取るのではなくヒット&アウェイで臨もうとは思っていました。

今回もジャクソンホール懸念で事前に売られるタイミングはあると思うので、利が乗っているのであれば躊躇することなく利確して次の買い場まで待ちたいと思います。

トレード日記を書くことでだいぶ「待つ」ということができるようになってきましたので、この習慣を引き続き継続して自分のものにしていきたいと思います。

 

来週も引き続き下記を意識して鍛錬していましょう!

私のパフォーマンスが平凡なものから目覚ましいものに変わったのは、自分に次のことを言い聞かせてからだ。お金の心配や得点を気に病むのはやめた。これからは、できる限り最高のトレーダーになってルールに従うことだけに集中するのだ、と。すると、自然にお金はあとからついてくるようになった。

株式トレード 基本と原則 (マーク・ミネルヴィニ) P.132

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link