平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

【2021年7月第1週】スイングトレード日記

time 2021/07/10

【2021年7月第1週】スイングトレード日記

2021年7/5~7/9までのスイングトレードの記録です。

ミネルヴィニ先生の「株式トレード 基本と原則」を読みつつ、実際にトレードをしながら「スイングトレードルールVer3.0」を作り上げていきたいと思います。

※過去の日記は[スイングトレード日記]カテゴリーで確認できます。

※スイングトレードルールVer3.0のドラフト版です↓

 

sponsored link

S&P500スイング

まずはスイングトレードのメイン、S&P500に連動するSPXLとVOOの状況からです。

今週のS&P500は8日(木)に久々に大きな下落をしましたね。長らく上昇が続いていたこともあって「いよいよバブルの終わりか?」なんて考えが頭を過りましたが、ただのくしゃみでしたね。さすが米国株。

かく言う私は下図の通り、SPXLについてはたまたま2日前の下ひげ陰線で動揺売りをしていたこともあって、珍しく含み損にならずにSPXLのすべてのポジションを閉じることができました。

<S&P500日足チャート、トレード記録>

 

VOOについては、5日線を割ったことから、ルール通りポジションを手仕舞いました。ただし、今回は売却したのは保有枚数の半分です。

結果的に売らなくてもよかったのかもしれませんが、今後エッジ(優位性)を持って期待値の高いトレードし続けるためには、トレンドの転換点になりやすい5日線を割ったタイミングでは確実に売っておく必要がありました。※短期トレードの話です。

なぜなら、5日線を割った翌日に全戻しするのか、それとも続落するかは、知りえないことがからです。

米国株は前者の可能性が高いかもしれませんが、前者を信じることは賭けでしかありません。もしかしたら、後者の状況になって含み損を抱えながらお祈りトレードしなくてはいけなくなる可能性も十分にあります。

ですが5日線を割ったタイミングで確実に手仕舞いしておけば選択肢を持つことができます。翌日に全戻しした場合は即買い戻すこともできますし、続落した場合には買い場までしっかり待つことができます。

木曜日にVOOを手仕舞いした後、「いや、こここそ買うタイミングでしょ」、「SPXLかTECL買いたい..」と悶々としていましたが、上記の考えをトレードノートに書いては自分を押さえつけました。

そして、今回の下落は前者でしたので、金曜日に5日線を越えたことを確認して買い戻ししました。

押しが小さいのは強い証拠ですよね!??

手数料~と思ってしまいますが、気にしない。結果論でしかないので。

<現在のポジション>

 

SPXLの評価損益がマイナスになっていますが、これはDMM株は為替レートが確定する翌国内営業日の7時半になるまで買付金額の5%程度を拘束されてしまうためです。なので実際は1.5%程度のプラスのはずです。

※VOOはトレード予算を10枚から15枚に増やしました。SPXLは引き続き60枚のままですが、株価があがってきた10枚当たりの金額が12万近くなってきたので、50枚に減らすかもしれません。1回のトレードは10万前後で行いたいためです。

個別株スイング

先週末時点の保有銘柄は、NVDA、AMD、ADBE、DOCU、CRWDでした。

現時点の保有銘柄は下記です(SPXLはDMMで買っているので一緒に表示されちゃっています)。

先週買ったAMDを売った理由はブレイクアウト失敗。仕方なし。潔く損切りしました。

NVDAは木曜日の下落を受けて手仕舞いました。もともと、買うタイミングが高かったのと、半導体全般がテクノロジー系に比べて動きが鈍いので、少し守りに入る意味も込めて売却しました。5日線を明確に割れたことも手仕舞いを後押ししました。

ADBE、DOCU、CRWDに関しては、木曜日の下落時も5日線を割ることなく底堅い動きをしていたので、安心して保有し続けることができました。

売買タイミングをチャートと一緒に書いていきたいと思います。

AMD

エヌビディアのように突き抜けてほしかったアドバンスト・マイクロ・デバイセズ。

水曜日の大陰線を見てブレイクアウト失敗と判断しました。

もっと待ってもいいのかもしれませんが、株価水準が高いということもあって損切り管理は引き締めていきたいという思いがありました。

<AMD 日足チャート>

半導体株ETFのSMHも弱い動きをしていますからね。。切って正解だと信じたいです。

<SMH 日足チャート>

NVDA

ブレイクアウトしてから2回トレードしたエヌビディア。

1回目のポジションを解消しなければなあ、、と思うところはありますが悔やんでも仕方なし、次に生かします。

やっぱり勢いよく(窓を作ったり大陰線で)5日線を割ることが上昇一服のサインなのかなと思ってしまいますね。

今後の方針

毎週気にしている米長期金利ですが、今週は木曜日は金利安・ナス安、金曜日は金利高・ナス高になるなど、今までの金利とグロースの関係が崩れた展開になりました。

毎週金利が下落しては喜んでいたのが、そうも言っていられなくなってしまいました。市場参加者が今までの投資方針を変えつつある。これからは難しい相場展開になっていくことが予想されますね。。

<米10年債利回り 日足チャート>

金曜日にSPXLとVOOを全力買いしてしまいましたが、来週早々にポジション縮小に移る可能性は十分にありますね。。

先ほどバイデン大統領さんが、大企業の市場支配力を抑えるための大統領令に署名した、というニュースも出ていましたし。AAPLが史上最高値を更新してGAFAが全て株価絶好調になったタイミングで狙い撃ち?怖いな。。

できる買い切りニュースに踊らされずにトレードしたいものです。。

来週も引き続き下記を意識して鍛錬していましょう!

私のパフォーマンスが平凡なものから目覚ましいものに変わったのは、自分に次のことを言い聞かせてからだ。お金の心配や得点を気に病むのはやめた。これからは、できる限り最高のトレーダーになってルールに従うことだけに集中するのだ、と。すると、自然にお金はあとからついてくるようになった。

株式トレード 基本と原則 (マーク・ミネルヴィニ) P.132

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link