平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

FOMCでパウエルFRB議長がハト派発言、利上げ打ち止め時の株価の推移を調べてみた

time 2019/02/03

FOMCでパウエルFRB議長がハト派発言、利上げ打ち止め時の株価の推移を調べてみた

パウエル議長は2019年1月30日のFOMC後の記者会見で、今後の利上げの可能性が低い旨の発言をしました。

利上げ打ち止め時に株価はどのような動きをするのか調べてみたいと思います。

 

 

sponsored link

経済指標は好調だが利上げ打ち止め

パウエル議長がFOMC後の記者会見で、さらなる漸進的利上げの文言を削除し、今後の利上げについては、辛抱強いスタンスを表明しました。物価上昇を確認するまで、利上げには慎重なスタンスを取るとのことです。

19年は年2回の利上げを予定していましたが、今回のハト派発言は市場の期待に応える形となしました。もしかしたらトランプさんに応えたのかもしれません。

ただ、雇用統計の結果が良かっただけに(非農業部門は雇用者数は16.5万人増の予想が30.4万人増)、パウエル議長は好調な経済指標を見てもしかしたら態度を変えるかもしれませんが、あくまでパウエル議長は”物価”に着目しているようです。

 

 

政策金利と株価の関係

下記のチャートは1991年からのS&P500株価指数と米政策金利、米2年債利回りの関係です。

政策金利と株価の関係を見たかったのですが、短期金利と政策金利が連動するか見てみたかったので、米2年債利回りも掲載しています。しっかり連動していますね。

 

一般的に利下げ局面では株価は下がると言われていますが、利上げ中断~利下げの局面では株価はどうなるのかを今回は確認したく、チャートを調べてみました。

利上げ一時中断の期間は6か所あるように見て取れます。

過去6回のうち、株価が微妙な推移をしているのでは③だけで、残りは右肩上がりで推移していますね。(⑤,⑥は利上げ開始局面だから「利上げからの打ち止め」という条件には当てはまらないかな?)

つまり、政策金利を利下げするまでの間は株高になる可能性が高いということですね。

ただ、インターネットバブル時の③の株価の推移は、全然右肩上がりではありませんした。下記は③の期間の日足チャートです。なので、あくまで利上げ打ち止め期間は株高になりやすい、という程度で受け止めるしかないですね。

 

ちなみに、現状に近い状況なのは比較的株高だった④なのでしょうか。

④はサブプライムローンショック前夜かと思いますが、先に米2年債利回りが下落し、政策金利も利下げを行ったように見て取れます。リセッションが起こってから政策金利を引き下げるので、株価と政策金利の関係は結果論ではありますが、覚悟するには十分な情報かと思います。

 

また、ネットは⑤も現状に近いとも言われています。

下記は⑤の期間のS&P500株価指数に日足チャートです。15年夏にチャイナショックで200日線を割ってから、ダブルボトムをつけて200日線を奪還しましたが、アメリカの金融緩和終了による利上げ発表を受けて2016年は下落スタート。そして⑤の利上げ打ち止め期間で再び200日線奪還→株高という運びなりました。

⑤に近いとは少しポジティブにも見えますが、このパターンも想定しておかないと機会損失で破綻してしまうかもしれません。

 

今後の投資戦略

直近のS&P500株価指数のチャートを張ります。

クリスマスを底には上昇し続けた株価は、パウエルさんの発言を受けてさらに上昇し、節目を突破。20日線と50日線もゴールデンクロスしました。

チャイナショック後と比べると、ダブルボトムをつけずに上昇している点が違いますね。みんなが待ち望んだダブルボトムを無視して上昇しているところが不気味なところですが、チャイナショックをまねるなら200日線突破後にまた下がってくるのでしょう。

RSIが高止まりしているのが気にはなりますが。。

 

今後の投資戦略ですが、利上げ打ち止め期間は最後の株高になる可能性が高いことを考えると、長期は慎重に行くしかありません。なぜなら今買ったら将来含み損になる確率が高いから。しかし、買わないわけにいきません。リセッションといってもどの程度下がるか読めないからです。定額で毎月コツコツ買うしかありません。

短期ポジションは音楽が止むまで踊り続けるしかないですね。持っていないですが。

 

また、この最後の株高は、リセッション前の最後のポジション整理のチャンスになるかもしれません。

株価下落局面でも保有し続ける覚悟のある銘柄だけのポートフォリオにしたいものです。

 

 

関連記事です

株価暴落のフラグとなりうる、逆イールドについて調べた記事です。

 

私が長期投資の本質をようやくわかった時に書いた記事です。リセッション前にポートフォリオを整理しないと。。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link