平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

理想のポートフォリオを考えていたら”ハギワラ米株10種”を始めたくなったので始めます

time 2019/05/14

理想のポートフォリオを考えていたら”ハギワラ米株10種”を始めたくなったので始めます

バフェット太郎さんのようにという訳ではないですが、私も長期投資で一度決めた銘柄をコツコツ買っていきたいなと思ってしまいましたので始めます。”ハギワラ米株10種”を始めます。

 

sponsored link

目指すポートフォリオはあくまでETF中心

個別株でポートフォリオを組むと言ってもあくまでポートフォリオ全体の20~25%に収め、ポートフォリオの半分以上はETFで運用たいと思っています。

主な理由は下記です。

  • 銘柄選定に自信を持っていない
  • 安定して配当をもらうためにPFの少なくとも半分はETFで運用したい
  • ETFなら倒産、長期低迷になる可能性が低く、ダウントレンド時にも安心して買い下がれる
  • 子供、孫まで引き継ぐために50年、100年は保有したい

 

125年の歴史を誇るシアーズが破綻したように、今まで100年間存続した企業が今後100年間も存続するかどうかは分かりません。

成長衰退の新陳代謝が活発になってきてきている現代で、今後100年も存続する個別銘柄など選べる自信などもちろんありあせん。一方ETFなら個別銘柄に比べて100年存続する確率が高いのかなと。ETF運用会社が破綻したら元も子もないですが。。

 

ふと思ったのです少し脱線しますが、もしかして下記のロジックが成り立つ?おいおい調査してみます。

ETFが存続し続ける→ETF運用会社が存続し続ける→ブラックロックやバンガードが最強?

 

 

直近の資産は下記の感じです。(直近といつつ、4ヶ月前ですが。。そろそろまとめますか。)

 

のちのちは下記の感じにして、そのうち米株個別株の部分をハギワラ米株10種と銘打ってこれから運用していきたいと思います!打倒S&P500株!!

 

 

 

時間はかかると思いますが、じっくりいきます

 

 

ハギワラ米株10種の組み入れ方針

ベースはあくまでシーゲル流バイ&ホールド、配当再投資戦略です。成長の罠にかからないように優良銘柄を適正なPERでコツコツ買っていきます。

あんまり厳格に考える気はないですが、下記の記事で学んだとおり、目立ち過ぎず、増益をし続ける。少し聞こえを悪く言えば、地味な優良企業をポートフォリオに組み込みたいと思います。

 

つまり、下記を満たす企業。

  • 市場平均をごくわずかに上回る程度の増益しか期待されていない
  • 実際の増益率は市場平均を大きく上回る
  • 例外なく配当を払い続け、増配に努めてきた

 

よって、結局おなじみの顔ぶれである、不況局面を強く意識した、ディフェンシ中心のポートフォリオにしたいと思います。

 

ただ、私なりのアクセントも入れたいと思います。ここ譲れない。

バフェットの言葉を借りるなら 消費者独占企業がある企業。

ソフトバンクの孫さんのようにというわけではないですが、私も第4次産業革命が来ることを信じており、その恩恵を受ける銘柄は保有しておきたいと考えています。

よって、ハギワラ米株10種に採用する銘柄はシーゲル流の生活必需品セクターやヘルスケアセクター以外に、成長の罠というリスクを分かった上でハイテクと呼ばれる銘柄も保有したいと考えています。

 

 

これがハギワラ米株10種だ!

既に書いてしまっていますが、運用する銘柄数は10としたいと思います。

10にした理由はなんとなくです。配分が1つにつき10%とキリがいいですし、円グラフもキレイ笑。

12でもいいかなと思ったのですが1銘柄あたり約8.3%、16だと1銘柄あがり約6.25%。8だと12.5%で少しキレイですが、若干絞りすぎなかと。んじゃ10だね。と。そんなざっくりな感じで決めました。

 

そして、下記グラフがハギワラ米株10種です。

 

 

HDVやVDC、VHTを保有しているにも関わらず、ポートフォリオの半分は生活必需品セクターにしています。それは残りの半分をハイテクにしたいからです。結局損益評価をハギワラ10種内だけで行ってしまうんだろうなーと思ったので、ハイテクが死んでる時もディフェンシブが頑張ってくれるとうれしいなあと。

ハイテクは成長の罠にかかるかもですが、第4次産業革命の流れは変わらないとも思っています。ここはリスク承知で保有したいです。何より職業柄、第4次産業革命は外せないです。

まあマイクロソフトとシスコシステムズは増配をし続けておりいい感じかなと。エヌビディアも微々たるものですが配当を出しています。ハイテクの位置づけなので配当を出しているのはうれしい限りです。

問題は無配のアマゾンとセールスフォース。

ただ無配でも外せないです。無配でも利益を将来の収益向上のために投資してくれれば無配でも結構!他で配当もらうし。そのため他の銘柄をこんなにディフェンシブにしているんです。

しかし、セールスフォースは少し悩んでいます。なので「?」を入れさせていただきました。

CRMはサブスクリプションモデルの典型ですが、サブスクリプションモデルって常に離反との勝負をしてるんですよね。成長が止まった瞬間、他に行かれる。だから競合他社に負けないために研究開発費も多額です。投資し続けなきゃいけないビジネスモデル多少不安です。しっかり調査しなきゃ。

 

ラストピースをどの銘柄にするかは悩み中

どうしようかなーと思っています。ハイテクで半分を占めているので、ラストピースはディフェンシブ系かなとは思っています。もしかしたらセールスフォースを削ってディフェンシブをもう1つ追加することも視野に入れています。

そうなると高配当のベライゾン?

それともエネルギー株?エクソンモービルやダッチシェルでインフレについていくというのはありっちゃありです。

シーゲルファンの代表銘柄であるアルトリアグループやフィリップモリスは、私がタバコは好きじゃないのであまり気が進みません。。笑

 

あーだこーだ楽しみながら最後の銘柄を決めたいと思います。

 

 

関連記事です

 

シーゲル先生から学んだことをまとめた記事です

 

長期投資のイロハについて気づいた時に書いた記事です。

 

当初よりだいぶ銘柄を絞ってきましたが、第4次産業革命は必ず来ると思っています。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link