平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

レバレッジ型ETFonジュニアNISAの2022年の投資戦略

time 2022/01/04

レバレッジ型ETFonジュニアNISAの2022年の投資戦略

ジュニアNISA関係の記事は前回記事からだいぶ時間を空けてしまいました。

前回記事↓

現状の整理と2022年の投資戦略を考えてみたいと思います。

sponsored link

2021年末時点の状況

実はNISA枠でSOXLを買い、それをあたかもジュニアNISAで保有しているかのように振る舞うプロジェクトを密かに実行していました。

密かにというか単に記事にし忘れただけですが。

 

 

なぜNISA枠でSOXLを買ったかですが、おそらく当時は下記のようなことを考えていたんだと思います。

  • TECLをジュニアNISAで買ったらSOXLも欲しくなってしまった≒レバレッジ型ETF版3種の神器を揃えたくなってしまった
  • ジュニアNISAでの賭博行為を見ていると(正確には本[ライフサイクル投資術]を読んで)、NISAで1倍ETFを買うのがもったいなくなってきた
  • シリコンサイクルがあるためSOXLを20年保有し続ける自信はないが、5年+αならいい感じに行けるのではないか
    • 利が乗っていたら特定口座で引き続き保有し続けてもいいので。特定口座に移した時点での含み益分は非課税になりますし
    • ちなみにシリコンサイクルがあがためにPFのコアに半導体銘柄を入れることができていません。ASMLとか
  • スイングトレードでSOXLを試してみたがじゃじゃ馬すぎで私では扱えないことが分かった。でもSOXLは持っておきたい。。ならば超長期投資(≒気絶投資)であれば私でも行えるのではないか

※ライフサイクル投資術を読んでTECLを一括購入することに決めた経緯は下記に書いています。ライフサイクル投資術を読んでレバレッジ型ETFのことをだいぶ好きになったのを覚えています。

 

ということで、2021年末時点のポートフォリオが下記の状況となっています。

このまま頑張ってもらって娘の私立医大の学費を稼いでもらいたいものです。残りあと16年。

ちなみにSPXLの損益率が悪いですがこれは2022年のジュニアNISA枠でSPXLを買い付けたためです。理由は後ほど。

なんだかんだSPXL=3×SBIVOOになりつつありますね。

TECLとSOXLの破壊力が凄まじいです。これは気絶投資じゃないと保有できなかったですね。

2022年以降の投資戦略

TECLを買い付けた2021年4月時点に書いた上記の記事では、2022,2023年のシナリオを下記のように予想していました。

FOMCでパウエルさんが2023年末までは利上げしないと言っていますしね。さすがに前倒しはしないでしょう。前倒ししたら株式市場は大混乱です。でも、ジュニアNISA運用者的には大混乱になって欲しいので、緊急利上げが私が求める最高のシナリオです。

次点のシナリオが、金融緩和終了や利上げの前倒しでのアナウンス。これを2022年中に実施してくれるとグッドです。このタイミングで2022年の枠を使い切りたいです。

そして、できればその調整が2023年頭まで続けばここで最後の80万を使う。

こんなシナリオでことが進めばいいなあ。

株高で2022年、2023年が終わってしまうようであれば(こんなことはないと思いますが)、仕方なく非課税枠はSBIVOOに割り当てたいと思います。まあ、こっちもこっちでそれなりのリターンを上げれる思いますけどね。

パウエルさんの予想を上回るインフレ進行のおかげで、私の希望するシナリオになりつつあります。

後は2022年が利上げで大混乱になり、その混乱が2023年初めまで続いてくれれば大変理想的な展開となります。

 

ただし、そんな都合よく推移する訳がありません。

2022年が低調に推移すると予想されているならば、ドカドカ上がるのが米国株です。

米国株は3年連続2桁成長?そんなの知りません。もしかしたら5年連続2桁成長する可能性だってあります。

なので、とりあえず2022年のジュニアNISA枠が使えるようになった日に即SPXLを買い付けました。

買い付け額はジュニアNISA利用枠の約1/3。

理由は上がっても下がっても喜べる額が1/3だったからです。

NISAでVYMを買い付けたときは1/2以上買い付けましたが、SPXLは少し慎重にいきたいなと。

2022年に大きな調整が2回は来るのでは?という予想が買い付けを3回に分ける理由です。利上げ3回もしますしね、来るでしょう調整。来てよ調整。

 

買い付け銘柄はSXPLに絞りたいと思います。理由は上記のVYM買付記事で書いている通りで、さすがに利上げ局面でTECLは厳しいなと。

が、NISAでSOXLを密かに購入プロジェクトは今年も実施するかもしれません。

理由は保有枚数を100にしたいから。現在70枚保有。残り30枚をいつ買うか。

今日かもしれません。チャートが今晩買えと言っている気がする。

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link