平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

家計を損益計算書・貸借対照表で考えると見えてくる『お金を増やす方程式』

time 2017/03/20

家計を損益計算書・貸借対照表で考えると見えてくる『お金を増やす方程式』

前回の記事では経済的自由を得るには”お金の儲け方”と”お金の使い方”を自分で考えて実践しないといけない、という考え方を提示しました。この記事ではそこを更に深掘りし、お金持ちさんは一体どのようにお金を使い、増やしているのか、という点を考えていきたいと思います。

そのためには、まずはお金の性質を認識することが重要だと考えます。よって今回はまずは自分たちの家計を企業のように損益計算書、貸借対照表で管理した場合どうなるかを検証し、その後お金を増やしていくにはどうすればよいかを考えます。

 

sponsored link

損益計算書、貸借対照表とは

まず、お金の性質とはなんじゃらほいという話からですが、そんなに難しくは考えずにここでは企業の会計と同様に大きい括りで6つのワードだけで考えます。

  • 「収益」・・・売上高、受取利息等、資本を増やす要因となるもの
  • 「費用」・・・仕入高、販売促進費等、収益をあげるために必要なもの
  • 「利益」・・・売上総利益、営業利益等、事業の結果得られる儲け
  • 「資産」・・・土地、有価証券等、将来的に収益をもたらすもの
  • 「負債」・・・借入金、未払金等、何かを得る代わりに負う返済義務
  • 「資本」・・・資本金等、事業に必要なお金

6つのワードは下図のような関係を持ちます。

計算式の通り、各財務諸表は左側と右側の合計が一致します。損益計算書では収益<費用となれば利益は出ず、損失がでます。いわゆる赤字ですね。貸借対照表では資産<負債となると資産を全て売却しても負債を返済できなくなるので、債務超過の状態、倒産の可能性大の状態となります。

 

家計を損益計算書、貸借対照表で表してみる

では今回の記事の本題である、上記で紹介した2つの財務諸表で家計を表したいと思います。

①損益計算書(Profit&Loss Statement、以後P/L)は、毎月(毎年)の貯金額が見れます。

 

貯金ができないという方は収入=支出になっているとうことですね。収入<支出の場合は、貯金を切り崩す、または消費者金融等からお金を借りないと生活できなくなってしまいますね。ここは一般的な家計簿管理と同じ考え方なので「そんなの知ってるよ!」と思われる方が大半かと思います。。

 

②貸借対照表(Balance sheet、以後B/S)は、現在の財産の状況を見れる。

 

自分の家計をB/Sに置き換える際、重要になってくるのは「資産」と「負債」はどのように考えればいいか、というところかと思います。ここで前章をもう一度振り返りましょう。

  • 「負債」・・・借入金、未払金等、何かを得る代わりに負う返済義務
  • 「資本」・・・資本金等、事業に必要なお金

つまり、資産は収益をもたらすもの、負債は費用をもたらすものと考えます。よって、分配金を出す投資信託や賃貸収入を得られる不動産は「資産」に属します。一方、夢のマイホームやポルシェは返済義務を負っているので「負債」扱いになる、ということですね。人生で一番大きな買い物と言われているマイホームですが、住宅ローンがある限り負債扱いなんでね。マイホームは売ればお金になるとは思いますが、時価評価額 ― ローン残高>0なら資産と言えそうですね。

 

お金を生み出す方程式

では、家計をP/L、B/Sで表したことで何が見えてくるかをを確認するために3つの矢印を引くことで、P/L、B/Sの関係、お金の動きを見ていきたいと思います。

3つの矢印「① B/Sの資産 → P\Lの収益」「② B/Sの負債 → P/Lの支出」「③ P/Lの貯金 → B/Sの純資産」を追加したことでで見えてくるのが、①、③の流れこそお金持ちになるための黄金のループなんですね。遊戯王でいう無限ループです。神のカード「オシ○スの天空龍」をやっつけれるぐらいの威力を持っています。

このループの何がすごいかと言いますと、資産を買う→収入が増える→貯金が増える→資産を買うお金が増える→資産を買う→収入が更に増える・・・というようにどんどんお金が貯まっていくところです。よくお金持ちの方が「お金に働かせる」とか「お金持ちはお金を稼ぎやすい」とか言いますが、それはこのループのことを意味しています。この①の矢印のことを不労所得ポートフォリオ所得と言われてたりもしますね。お金持ちは収入-支出で浮いたお金で資産を優先的に買うことで、本業の給料以外の収入を得ています。

ただ、私を含めた非お金持ちクラスタはなかなかこのループに乗っかることができていません。例えば、

  • 昇給した分、支出を増やしてしまい、貯金額は収入が上がる前と変わらない
  • 貯金がたくさんあっても資産は定期預金しかないため雀の涙程度のお金しか生み出せていない
  • 夢のマイホームを買ってしまうと、資産の購入より負債の返済を優先してしまう

私は上記の行動を取ってしまうしまう理由は大きく2つあると考えています。1つは自分の欲望をコントロールできないからです。収入が増えたりボーナスを貰ったら今までずっと欲しい!と思っていたものを買いたいし、美味しいものを食べに行きたいし、ネットでポチッちゃうし、ついついコンビニで買っちゃいますよね。更に今の世の中はお金が手元になくても買える仕組みが出来上がっております。これらの欲望の罠を振りほどいて支出を抑えるには並大抵の精神ではできないですよね。でもやるしかないんです(笑)。2つ目は無知だからです。人間は知っていることしかできません。知らないことに直面したら疑ったり、恐怖を覚えたりします。知ることで判断材料を持つことができ、行動に移せるようになります。どこがゴールかわからないまま走り続けるのはつらいですもんね。

ただ、決して思考停止状態になっていはいけません。「ちょっと何を言っているのかわからない」となっても踏ん張りましょう。そこで成長が止まってしまうからです。そこを踏ん張りきることでやっと新しいことができるようになります。(決してサンドウィッチマンのことをバカにしている訳ではありません)。お金持ちがよくドケチだったり服にこだわりがなかったり「人生一生勉強」とか言う人が多いのは上記のためかと思います。(私の偏見が90%です。ごめんなさい。)

少し脱線してしまいましたが、整理しますとお金持ちさんは普段から下記の方程式を最大化するように生活しているということなんですね。

毎月増えるお金 = 収入 - 支出 + 資産 × 利回り - 負債 × 金利

つまり、お金を増やすためには下記の4つを実践していかないといけない、ということになりますね。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 利回りのよい資産を買う
  • 負債は持たない

ということは、

  • 収入を増やす → 本業頑張る!副業する!
  • 支出を減らす → 支出を管理・削減する!
  • 利回りのよい資産を買う → 勉強しチャレンジ!
  • 負債は持たない → 現金一括購入!

・・・やっぱりそう簡単にお金持ちにはさせてもらえないですね。ただ、これで誤った方向性の努力はしないで済みそうです。あとはできるところからコツコツ頑張ればいいだけですね。

また、必ずしも全てが上記の式に当てはまるのか?という意見もあると思います。もちろん私も当てはまらないと思います。例えば、先ほど夢のマイホームは負債だと書きましたが、住宅ローンの金利より購入したい資産の利回りが高ければ、繰り上げ返済せずに負債として持ちつつ、先にその資産を購入したほうがお金が増えますし、住宅ローン減税のことを考えるとたくさん借金しといた方が圧倒的にお得です。クレジットカードも使い方次第では負債→収入の流れを作ります。….一生勉強ですね。

このようなノウハウは今後勉強して実践して随時ブログの記事にしていきたいと思います。

 

では最後に、どのくらい資産を購入すればお金持ちになったと言えるのか?という点ですが、これはよくわかりませんが、個人的には

資産からの収入 > 支出

となってはじめて本業からの給料無しで生活できるようになるので、お金持ちになったとと言えるのかもしれません。(ただ個人的には『お金持ち=経済的自由である』とは言えないのかなあと思ったりもします。この辺は今後じっくり考えたいと思います)

上記の仮説で話を進めた場合、仮に月30万の支出を上回るために運用利回り3%の資産をどのくらい持てばいいかをざくり計算してみると…

30万 × 12か月 ÷ 3% = 120,000,000円

 

. . . 果てしないですね。 笑

 

頑張りましょう! 以上です!

 

 

関連記事です。

 

20代のうちは自分への投資を優先した方が良いのか、資産を買った方が良いのかについて考察しました。

 

経済的自由を得るための心構えを書きました。ロバートキヨサキさん著の『改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)』を初めて手に取った時は衝撃的でした。

 

経済的自由を目指しているのに負の資産であるマイホームを購入しました。その経緯を記事にしています。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link