平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

退屈な投資と刺激のあるトレードを両立させたい

time 2019/12/18

退屈な投資と刺激のあるトレードを両立させたい

株の購入を始めた当初はスイングトレード中心で行っていましたが、最近はもっぱら長期投資がメインです。

ただ、ここに来て短期のスイングトレードをもっとしっかりやっていきたいという思惑が私の中に湧いて出てきてきました。

 

sponsored link

長期投資に軸足を移している理由

長期投資となると少ない資金では成果が全然出ません。100万投資したとしても3%の配当で3万円ぽっきりです。あんな値動きに耐え続けたいのにです。

 

配当生活を送りたいから

我々が30年後40年後もゆとりを持って生活し続けるには個人年金は必須だと思います。

その年金の拠出元を作るためには、定期的にお金をくれる資産を増やすしかありません。株式はまさに最適の資産だと思います。インフレ対策にもなりますし。

 

シーゲル教授の本を読んだから

長期リターンについて過去のデータを使って証明されてしまうと長期投資にシフトせざるを得ません。だってどのタイミングで投資を始めても利益が出るとかまで言うんですもん。

ただし、その恩恵を受けるには株主を重視していて、安定して営業利益率の高い企業の株をほどほどの価格で買う必要があります。そして得られる配当を愚直に再投資し続ける。凡人の私にはこれでしか富を築けないなと思いました。

 

暴落は読めないから

株式クラスタに属して3年半ほど経過しましたが、この荒波に揉まれて分かったことは暴落はいつ訪れるか読めない、ということです。そして暴落後はたいてい上昇します。

だったらもういつ暴落が来てもいいようにしておくしかありません。このように考えると永続して保有できる銘柄を長期で保有し続けるしかありません。

 

 

スイングトレードを復活させたい理由

長期投資に移行している理由を改めて書いてみると、スイングトレードやる必要ないのではと思ってしまいますが、そういう訳にはいかないんですよね。

欲深いと言われる人間という生き物なので。

 

長期投資は退屈

長期投資対象をあーでもないこーでもないと考えている時はすごい楽しいのですが、一度落ち着いてしまうと退屈です。

定期的にチューニングという名の買い増しは行いますが、売買を高頻度で行う短期的なトレードと比較すると、買ったら終わり、買う頻度も少ない長期投資退屈です。

 

上昇下落の恩恵をもっと受けたい

長期PFの銘柄が上がったり下がったりして一喜一憂しても利益確定しなければ意味がありません。

せっかく上昇間近の絶好のタイミングで仕込むことに成功できてもそれを利確するわけではないので勿体無い感がありました。人間は欲の塊なのです。

 

長期投資で練習してきた

長期投資は購入タイミングを間違っても長期のトータルリターンへの影響は微々たるものだと思います。意識していたわけではないですが、長期投資の購入で買いエントリーの練習をすることができていました。

このトレーニング(買いのみですが)の結果が通用するのかチャレンジいたいと思ってしまいました。

 

 

ETFでのスイングトレードのルールは作成中

現在、実際に少額でトレードしながらルールを作成中です。

この作成中のルールはできる限り感情で売買しないようにしたいと考えています。トレード記録はブログで公開し、自分に嘘をつけないようにします。

 

ただガチガチのルールにして身動きとれなくなるのも嫌なので、ある程度の汎用性も残しておきたいところです。

以前トレードしていたときに結構損しましたが、損した理由のほとんどが感情でしたので。。特に売り時。売った直後に上がるなんてことはよくありましたので、このあたりを上手く改善していきたいです。

あとは調査不足。なので個別銘柄ではトレードしない方針です。決算日すら覚えていない銘柄もありましたし。。

 

なので対象は指数連動型のETFとします。ロングはなるべくS&P500連動型のETFのみで行う予定です。日本株は上げ下げの要因が複雑すぎるので。値動きもその銘柄の個性がありますので、対象は1つに絞った方が良いのではという考えです。

指数でトレードすることで可能な限りテクニカル重視のスイングトレードを行えるようにしたいと思います。

 

※2019年1月12日に、スイングトレードルールVer2.0を作成しました

 

コア・サテライト戦略

ちょっと使い方が違うかもしれませんが、コアを長期投資、サテライトをスイングトレードとし資産構成で運用していきたいと思います。

 

資産管理についてですが、メンタル的に短期のスイングトレードの予算は100万以上は増やせない気がします。

仮に儲けが出ても一定額たまったら出勤する方向です。刺激は欲しいですが、仕事中にビクビクはしたくないので。メンタルがやられないぐらいの額で行います。

100万の資金で1ヶ月に1,2回のうねりを捉えて5%取るのが理想。厳しいかな。

再現性の高い、サラリーマン兼業投資家ならではのスタイルを構築できればと思います。

 

 

ーー

 

関連記事です。

スイングトレードの結果を公開しなくなった理由は、売却ルールを見直したかったからです。ただ、個別は難しい。指数トレードならテクニカルベースでのルールを確立できるのではと思っています。

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link