平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

2021年2月末時点のポートフォリオ

time 2021/02/28

2021年2月末時点のポートフォリオ

2021年2月末時点の運用資産状況です。

 

今月の買いはバフェットイナゴになって買ったVZ5枚だけでした。株価が高すぎて食指が動きませんでした。

そして、CSCOをポートフォリオから外す決断をしました。

理由は毎度おなじみ、天井付近で「暴落しても保有し続けられるか」と自問自動した結果、NGとなったたまです。昨年は日本株を一気に売却したなあ。

 

CSCOを売却したことで、米国ETF:米国個別:日本株の比率を5:4:1に固定することができなくなったため、上段真ん中の比率チェックは米国ETF>50%のみにすることにしました。

また、セクター名を「バリュー⇒高配当」に変更しました。理由はなんとなくです、バリュー株ってその時々で変わるなあと思ったのと、保有している3つのETF名に”高配当”というワードが入っているので。三菱商事も配当狙いですし。

※2020年8月よりポートフォリオの確認方法を変更することにしています。理由は以下の記事で書いています。

 

株式は長期金利の上昇でようやくクラッシュしてくれました。キャッシュ比率は全体の1/3以上もあるので、もう少し下がったら買い下がりたいです。今年はNISA枠を使いきれるのか?とひやひやしていましたので。。

下記の記事でも書きましたが、金利上昇よる下落は好業績株にとっては絶好の買いチャンスです。最近全く変えていないGAFAMを買いたいので何としても暴落さんには来て頂きたいです。


CSCOに割り当てていた3%の予算をどうするかはまだ決めていません。

というのも、今後の戦略を決めあぐねているからです。

ざっと書き出すだけでも下記のワードを意識して投資判断を下す必要があると考えています。

  • コロナ感染ピークアウト
  • 景気回復
  • 金融緩和
  • 長期金利上昇
  • インフレ率上昇

私のポートフォリオの中でアフターコロナで躍動する銘柄はビザ、コカ・コーラ、高配当セクターに属している4種ぐらいかもしれません。

メドトロニックもコロナの入院患者が減れば、通常の収益性の高い手術が行われるからアフターコロナの対象かな?

ポートフォリオのうち41%が恩恵を受けるといった感じでしょうか。

コカ・コーラなんかは上昇に向けて買うタイミングを見計らっています、比較的割安なので。週足MACDがいい感じに決まったら一気に買いたいと思っています。

 

HDVとVYMも買っておきたいな。(目標比率ガン無視・・?笑)

ハイテクセクターはウィズコロナで上昇してきて割高だし、長期金利上昇の影響を最も受けるかもしれないけど、なんだかんだのらりくらいと上昇する気もしています笑。無慈悲なのがナスダック100の特徴なので笑。

コロナ銘柄のPG、ベライゾンは厳しい展開がやってくるかもなあ。

 

 

さて、こうして悶々と今後のシナリオを想像していると、どうしても考えてしまうのは、いつ訪れるかは分かりませんが景気回復やインフレなんかはかなりの確率で起こるのではということ。だってこれ以上景気が悪化することはないだろうし、これ以上デフレにすることを政府が許すは思えないから。

そう考えるとベットしたくなってしまいますよね。。

 

ただ、このポートフォリオを構成している銘柄たちは株主となって企業の一部を保有し続けたい銘柄でもあります。

一時のトレンドに乗っかるだけの保有はしたくない、という思いがあります。

長期投資のポートフォリオでは熟考して源泉した銘柄だけを保有していたい。

 

 

・・

 

・・・

 

ならば、そんな永久保有ではない投資はサテライト的に投資しましょう。

このように考えてしまうのが私の悪い癖ですが。。

 

ということで、1~3年ぐらいの中期の期間で投資する口座をこのメインのコア・ポートフォリオとは別に持とうかなと計画中です。

ここで金利上昇の恩恵を受ける銀行株やインフレの恩恵や景気回復の恩恵を受ける石油株を買おうかなと。

理想は三菱商事のようなトレードをしたいです。安くなっているとこ気に買って放置して、いずれ上がる。株の基本ですがこんなトレードをこの口座ではやっていきたいなと。

景気と金利とPERを意識したトレードでしょうか。

 

そして、半導体銘柄もこのお財布で保有したいなと。

東京エレクトロン、ポートフォリオに入れるまでかなり悩んだのですが、その理由がシリコンサイクルです。

確実に業績の山谷が来るのが分かっているならわざわざ下がっているときに保有し続ける必要はないかなと。

 

さあ、楽しくなってきました。

 

 

ーー

 

参考記事です

1年前のコロナショックを経験して、長期投資に対する考え方を見直した時の記事です

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link