平凡な平成生まれが経済的自由を目指すブログ

”お金”の奴隷にならないように、学校では教えてくれない”お金”について学び、実践するブログです。今は米国株への長期投資を中心に勉強中です。2019年から1児のパパになり、現在マイホーム建設中。

ヤフーのZOZO買収ニュースを受けて

time 2019/09/23

ヤフーのZOZO買収ニュースを受けて

過去にスタートトゥデイを応援していた身としては、驚きのニュースでした。

保有株を担保に出すぐらい資金繰りに困っていた前澤さんをヤフーが救済したのか、単純に膨大なZOZOTOWNの購買データをヤフーが欲しかったのか、真の理由は定かではありませんが、兼業投資家の立場から思おうところがありましたのでつらつら書きたいと思います。

 

 

sponsored link

第3次AIブームに陶酔?

どんなPBを出すんだろうと想像を膨らましていた時に発表されたZOZOSUITからのベーシックアイテムに絞ったPBの発売という思想はとてもワクワクさせてもらいました。

潤沢なキャッシュフロー、高い営業利益率をベースに競合に先駆けて投資し、購買データだけでなく顧客の体型のデータまで取ろうとするなんて。

この事業が上手くいけば、AIスピーカーに「アレクサ!週末のデートに合う服買って」と話しかければ良いだけの世界が待っていました。すごい時代が来たもんだなと感心していました。ファストリの柳井さんが前澤さんに「おもちゃだ」なんて嫌味言うぐらいですからね。年寄の嫌味を貰えればそれはイコール時代を変える画期的なことであるとも言えます(勝手な持論)。

 

 

さて、ここからは私の勝手な意見及びなぜ失敗の検証ですが、おそらくAIはスモールスタートじゃないと上手くいかないのかなと思っています。

「AIでこんなことできますよ」となっても最初は「すごいね!!・・で?」ってなってしまいます。AIのアウトプットが次のアクションに繋がらないからです。しっかり意思決定者と同意を取って進めないとAIが出したアウトプットは業務として何も使われずに廃れてしまいます。ペッパーのように。

そして更に難しいのは「社内の意思決定者の経験とカンをAIで代替しますよ」であるならばと実務者の予測値とAIの予測値を比較して検証を進めれば良いのですが、対消費者にサービス提供するとなるうと話は変わってくるところです。

消費者ほどワガママな存在はいません。

その人たちにデータを提供する代わりのメリットを提供できなかったのが敗因の一つと思います。

 

無料でZOZOSUITを配るのはよかったのですが、もう少し小さく始めてPDCAのサイクルを回すべきだっのかもしれません。ハードルは下げないと。AIほどストップ高で張り付いている高期待値はちゃめちゃバズワードはないと思います。

AIは今までの設備投資とは一味違います。プロセスが違います。現状を理解し、あるべき姿を定義してそれに向けて問題解決を図る。その手段が設備投資やシステムの導入になりますが、AIの場合は事前にあるべき姿が尊く、実現可能性の検証が必須です。

 

AIはやってみないと成果がでるのか分からないんだから小さく始めさせてよ

 

経営層、上司からの要望と現実との狭間にいるAI推進者の独り言でした。

 

 

上場企業に求められること

四半期ごとにしっかり利益成長できる企業が株式市場では生き残れる。バフェット太郎さんの言葉を借りるならコカコーラのような堅実な
キャッシュフローと営業利益率は株式市場に身を置き続けるには必須。

やはりこれができない企業は株式市場からいなくなってしまうのかもしれません。いついなくなるのか分かりませんが。いくら夢を語っても、四半期ごとの業績はチェックされてしまう。株式市場ってそこが切ないですよね。

新規事業に投資するなら身の丈のあった投資額にしないと破滅する、夢を追いにくいスタイルです。夢を追いたい場合は一旦非上場にしたり別会社を設立して業績を非連結にしたりするのかな?詳しいスキームは分かりません。

 

まあ、前澤さんの場合はZOZOSUITの先行投資以外のところでも色々やらかしていたから仕方ないのかもしれませんが。

それにしてもオーナーは強い。選択肢がある。最初からちゃんレンジして失敗したら売ればいいやぐらいの考えはあったのかもしれないですね。

 

 

前澤さん、お疲れ様でした

高校生の時にガラケーで初めて見たZOZOTOWNへの興奮は今でも覚えています。

インターネットで服を買う、という文化を確立した前澤さんの偉業は尊いものでしょう。

最近メディアに露出されてきて、メディアが発信する情報だけで前澤さんを少し少し知ったぐらいでけなすことなどできません。

紆余曲折ありましたが、私はとても立派EXITだったと思います。

 

前澤さん、月旅行、そして新規事業がんばってください。

 

 

sponsored link

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

管理人

ハギワラ

ハギワラ

ハギワラと申します。 都内在住で普通のサラリーマンをやっています。 子供のころからお金のことを考えるのが好きでした。 趣味は読書、サッカー。

アーカイブ



sponsored link